なんだろうこの胸のときめきは・・・・年中夢中
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
休日出勤に梅花の癒し
2007-06-30 Sat 23:16
今日は休日出勤し、帰りにハンズで製本の材料を買い、本屋さんにも立ち寄ってきました。
先日映画『300』を観る前にちょっと寄ってみた横浜駅の有隣堂を再度ゆっくり見直す為。やっぱり平安時代や中世のものは見当たらず、今流行の江戸物と風林火山が多いですね。
伊勢崎町本店まで行かないと専門書はなさそうです。あそこの専門書は半端じゃないのでわざわざ行く価値はあります。但し文庫本じゃありませんから、専門書ですから、それなりのお値段に見学に終わること間違いなし。

以前神田の古本市へ行った時、お宝ヘヴィメタ本まで売っているのにびっくりしたことがあります。意外な物があるのですよ。今度は平安物探しで行ってみようか。毎年11月の始めに開催されるのですが体力に自信がないとヘタります。まずは希望を捨てないことがお宝ゲットの秘訣。


070630_syo.jpg


家に着いたら母からの手紙が届いてました。
そう言えば家には中国や平安時代の本が一部屋にぎっしりあったのを思い出しました。桐の箱の紐を解いて見た源氏物語に感動したのも忘れていた。きっと何かの役に立つものがありそうです。

で、手紙は香り物が好きだという自分に香を送ってくれたのです。香は梅花でした!
上着の胸ポケットに忍ばせておくのに丁度いいタイプなので今年の夏はコロンはやめてお香で勝負だ。
スポンサーサイト
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日本一の盗まれる人、盗む人、狙われる人
2007-06-29 Fri 23:45
『私は一介の武士』という頼忠の言葉を思い出しました。
神子が院に会ってみたいと頼忠に相談した時の会話です。
『直接院に仕える一族の棟梁なら許される』ということは頼忠には院にお目通りできるほど地位などないのです。
言ってみればまだパシリですね。

それは神子の手前表向きと考えられることも充分有り。
今ほど神経質なくらいの過剰な警備は考えられないし、院とて気が向けばけっこう自由に振舞っていたのではないでしょうか。
とは言っても映画や小説からの知識なので裏付けはありませんので誤解なきよう。
とりあえずこの場合、位による差別はあっても美貌の前には法も差別(←性差の間違い06/30修正)もありません。頼忠は歴史の隙間で咲き誇る大輪の白菊。
寵愛されて出世し官位までもらった武士もいますが、稚児上がりの出世をさせなかったのは翡翠です。院から頼忠を奪取した噂どおりのワル、狙うものも日本一ですわ。




別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
CADは仕事で使うもの
2007-06-28 Thu 00:21
本日非常に疲れましたです。
ヘルメット、安全帯、作業衣で現場を3軒周り安全を確認してきました。移動は車なので疲れませんが、現場が広くて暑い。じっとしていても汗がダラダラ出ました。いつも室内で仕事をしていると1日外を廻るのは気分転換になって気持ちがいい。

仕事でCADを使っているのですが、これでコミックの背景にする建物も描けます。室内でも外観でもかなり細かい部分まで描け、遠近感も簡単に作れます。最初マニュアル本で見本の五重塔を見た時は使える!と感激したものです。
こうして作った図面をDXFに保存し、イラストレーターで読み込み陰影や質感を出し彩色する。出来上がったものを画像用の拡張子で保存すればフォトショップでも読み込めます。

しかし、毎日仕事でCADを使っていると趣味で使う気にはならないのですよ。言い訳ですが、コミックの場合絵を省略してるので背景も簡単です。神経質にならなくてもいい、素人らしく簡単に済ませよう。
しかし出来上がったページを見ると、背景がしっかりしていればもっともらしくて、未熟なコミックも誤魔化せるような気がしてなりません。
数十ページをマジで描いていたら本は一年では完成しないでしょうね。
WEB更新なんてなかなかできませんよ。

カラーインクでイラストを描く場合は、まず描きたい背景から人物のイメージが決まります。そのせいかかなり背景には凝ります。桜吹雪の背景では一ヶ月間花びらを描き続けたり、五重塔も海の底も楽しく描きました。もちろんその頃はパソコンはなくホームページも持っていないので時間を費やせたのですね。
念願の友雅と頼忠の赤い月のイラストで翡翠と頼忠バージョンのアナログを描こうと思うのですが、本を出すのを一時やめるしかなさそうです。何かを犠牲にしないと何もできなくなる。
その前に少し手描きのリハビリが必要だ~。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
◎と△の果てには○があり
2007-06-26 Tue 00:12
あれやこれやとやることが多くなり創作力がプッツンしてます。
製本のための原稿整理と内容のチェックの作業もしなきゃならないし。

オフラインの活動をするとWEBのことが後回しになってしまいますね。サイトを改装したいし、作品ももう少し丁寧なものを作りたい。
今まで思いつくままに描きなぐっていたような気がしてます。
基本はWEBで合間にオフに時間を費やすのが理想なのに。

頼忠さんのプロフィールや資料を作る案があります。まず一通りゲームを復習し日本史等の本を読むことからですね。これが一仕事!
そして記憶の中に散在しているデータをチェックして整理し、関連する日本史を挿入していく。年表にして翡翠との愛の軌跡もたどれるようにしたり。

待てよ、年表には出来ません。頼忠ですから、26年しかありません。
しかも翡翠と知り合ったのは一年もないんです。少なくともカレンダーにして”やった日”に○印を付けるくらいですか。
○の無い日が続けば翡翠は船旅で留守。また、他の者にいたされてしまった日に△印を付けたら頼忠はいつ眠っているのか判らなくなります。
翡翠を知る前は△が全盛期で、院の場合は二重◎。

いや、こんなバカなことは置いといて~。
頼忠データをマジでやったらロングスパンで考えるしかないですかぁ。



別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大掃除で部屋は埃吹雪
2007-06-24 Sun 23:41
おシリのお山がズキズキ痛い。
このお休みに衣料などの入れ替えをして、部屋の大掃除をしたせいです。年に2回のこの作業の後は必ずおシリが筋肉痛になります。
なんでおシリなのだろう?無理に使った記憶はないんですけど。重い物を持ったわりには腕や腿は何ともないのですけどねぇ。

そして土曜に先週やっと思い切って買ったパソコンが来て二日間設定に明け暮れる。今まで使っているパソコンは廃棄するつもりはないのでLANで繋げました。買ったMACにVista入れたのですがなかなか面白いです。

DASEIN聞きながら本の表紙がほぼ完成しました。
あと少し仕上げを残して。
DASEINって、そうです。遙かのOVAで使われているグループですね。「桜吹雪」の他にもいい歌がたくさんあり、解散してしまったのが惜しい。うーん、ライブに行きたかった。
とうとう「桜吹雪」が頼忠のイメージソングに聞えてしまってます。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
自分としたことが
2007-06-22 Fri 23:08
知らなかった!!!

『舞一夜』のゲームに頼久さんが髪を解くシーンなんて

ありましたっけ?!

残念ですが友雅さんが解いたのではなく自分で解いたのですが。
つい余計なことをばもうそー
一体どのような成り行きで髪を下ろしたのか知りたい。
フルコンプしなきゃダメだったり・・・・。
すみません。舞一夜はお気にだけで終わりました。

それとは関係ないのですがやっと分かったことが一つ。

頼忠さんはてっきり村上源氏だと思ってましたが河内は清和源氏だったのですね。プロフィールに清和源氏を書いてあるのをみつけました。
武士といえば清和源氏で、公家寄りの村上源氏ではおかしいとは思っていたのでこれでスッキリです。

頼忠のお父上はキレイな我が子を都の武士団に入れ出世を願って送ったのだろう。さすがお父上は我が子の性能を知ってらっしゃる。
才能の間違えじゃありません。


先日大阪支社の人に河内はどのような所なのかマジで聞く。
いくら河内でも平成と平安の隔たりを知りつつも・・・。




別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
飛鳥美青年
2007-06-21 Thu 22:27
高松塚古墳の壁画で飛鳥美人の他に男子群像があったのですね。
石室解体で公開された写真を見ました。
二組の男子像と5月人形のような美青年像で、唇に鮮やかな紅をさしているのは若さの象徴のようです。

平安時代に貴族たちは見目麗しい若者を傍に仕えさせた風習が当時にもあったらしい、という学者の説です。ニヤリ。
やはり男社会ですな。
怒ってはいけませんよ、前世は男だったかもしれませんから。

やっと本の原稿に『完』を入れました!
これから表紙とタイトルを決めます。
題名が一番の悩みどころで、いつも最後になってしまいます。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
本当にオヤジ年齢翡翠です
2007-06-19 Tue 22:53
手短にあるもので遊んでみました。
本当にオジサン翡翠ですみません。
メイクはがんばったのでかなり別人になってます。

しかし・・・・・・・

オーマイガー!写真を撮ってから気がつきました。
イラストを描いている時の翡翠と、鏡で見た自分が同じだったので全部逆!すっかり惑わされました。
これが素人と言うものです。
しかたないので画像を反転したら大正解。
いいのかそれで。

左下は髪の毛の色を加工したのですがやっぱりヘンです。
前日はストレートヘアになるようにセットしたのに伸びずこれが精一杯でした。
ああ、ストレートヘアに憧れます。


20070618hisui_cos1.jpg

別窓 | 愛と夢日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
お話しをひとつ更新
2007-06-16 Sat 19:32
本当に梅雨なのでしょうか、快晴です。
チャリで少し走りました。近所には川に沿って遊歩道があり気持ちがいいのです。春は桜並木、今は緑。アリーナに近くなると今日はコンサートがあるらしく、大きくて派手なコンテナトラックが三台に圧倒される。「EXILE」という文字に、さすがー。

明るい話の後は暗闇の密室の更新情報です。
ギャラリー>遙か>頼忠の懺悔を更新しました。今回はお話系で、自己満足の域を出ない相変わらず幼稚な作品。初歩的なお話しになりました。これがだんだん麻痺すると共に、頼忠さんの開脚が世界記録を更新するようにがんばれ。

ところで下着のことですが、あの時代でも褌と言ったのでしょうか。歴史では江戸時代からの情報が多く、それ以前は詳しくはあまり出てません。いえ、褌に興味があるのではなく平安時代の下着が知りたいのです。
後の時代には普段に着ていた一重の着物が下着だったのは分かります。パンツは簡単に布を巻くか、四角い布を縛っていたくらい。それを下帯と言っていたらしいので褌はまだなさそうですね。
今回のお話しでは下帯ではなく腰布にしてみました。帯より柔らかさがいい。個人の都合であり、歴史とは無関係ですよ。さらに個人の都合で下帯も使いそうです。

『300』では黒革の帯を巻いておりセクシーでした。
子供の頃お相撲さんのまわしはタイヤで出来ているのだと信じていた。今みたいにカラーじゃなくて、黒いまわしがタイヤの色艶に似ていたので。




別窓 | サイト更新 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
筋肉は芸術
2007-06-15 Fri 23:46
『300』を観てきました。レディスデーで1000円はお得!

コミックの実写版なのでストーリーは二の次。全て加工した映像がコミックと割り切れる作品でした。
スパルタの300人の精鋭の戦士対100万のペルシャ軍の戦い。
スパルタの戦士は盾と赤いマントにパンツ、ペルシャ軍はまるで仮装行列。ペルシャの王はオカマ顔で異常に大きな人でした。これだけで充分楽しめます。しかしスプラッターが苦手な人にはお薦めできませんね。

惚れたのは戦士たちの美しさです。たとえ加工したとしても動きの強弱やスタイルの良さに感激して、あっという間に終わってしまったほど。
モーションの見せ方はよく工夫してあります。また最期の布を被せたように降ってくる矢に射抜かれたスパルタ戦士の死体。この死体の配置と横たわり方がデザイン的でまるでイラスト一枚を見ているようです。
風景もコミックの背景のようでした。

本当に300人もいるのと思ったり突っ込み所は満載なのですが、とにかく映像を楽しんでください。
何度でも言います。士たちの筋肉体は本当に美しいです。(パンツがいい。)生の体だったらこうは綺麗にはならないでしょうね。
そのわりには女性たちは痩せ気味で官能的な体つきではありませんでした。加工の予算がここまで回らなかったのか。
B級というお墨付きが返ってばかばかしさに安心して観られます。
イラストの参考になり、また観に行きたい。


別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ますます綺麗になっていく
2007-06-13 Wed 23:56
泰明さんが大人っぽくなって来たと思うのですが。

ますます美人になってる頼久がたまりません。
無愛想なのは相変わらずなのですけど、頼忠と違い魔性ではなく男の可愛さを感じます。
頼久は友雅以外に何も見えなくて、男のプライドが時々邪魔しながらも慕う強さを認めている。
遠くにいる友雅をじぃ~っと見つめてしまう自分に気づき赤くなったり。でも他を見ようとしない。
見た目とアンバランスな可愛い人に友雅は惚れ込んでいるのでしょうね。可愛いと思っている友雅に、頼久は意地を張らずに落ち着くのだと思うのです。
もちろん友雅さんは「可愛い」などと口では言ってない。

頼久が綺麗になっていくのは愛されてると感じるからだ。

それに引き換え頼忠は毒気があります。
濃厚なお話とか、すごく期待します。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おめでとうだったのに
2007-06-12 Tue 00:53
さっき書いた日記から日付が変わった今、やっぱり考えちゃいます。
紹介した本が6000円近いと、パソコンを新調したい自分にはなかなか高額なのですよ。

もし武士団のことが書いてあったら等と思うと、やおいでも説得されたいのは事実です。ただ諦めようと必死の抵抗しているのです。
会社帰りに近所の本屋さんに寄り、岩波新書に平安関係のものを探したけどなくて、結局LaLa DXだけ買って帰りました。
今遙かを読んでいて、時代背景は大切だとつくづく思います。

あの本は廃版になってはいないので、専門書の置いてある本屋さんで手に取って見てから考えるのもいいかな。
知りたいことって山ほどあるのに、とくに専門書になると高価で悩みますね。

お陰で11日だというのに友雅さんにおめでとうをいい忘れておりました。



別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
秘密を知りたくなるような一冊
2007-06-11 Mon 22:49
面白そうな本ををみつけました。
お断りしておきますが、この本を買って読んだわけではありません。
批評や感想などを読み、興味を持ったので参考程度に受け止めてください。

五味文彦氏の『院政期社会の研究 』 山川出版社 ¥ 5,920 です。
以下Amazonでの紹介。
http://www.amazon.co.jp/%E9%99%A2%E6%94%BF%E6%9C%9F%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E4%BA%94%E5%91%B3-%E6%96%87%E5%BD%A6/dp/4634615606/ref=sr_1_1/250-4181808-7132216?ie=UTF8&s=books&qid=1181569461&sr=8-1


内容は平安時代の院政期に於いての、下世話にいうならホモ文献。
五味氏も内容が内容なだけに公表するのを躊躇ったとありました。
源頼朝が少年期に後白河院と関係があった等を含め、かなり詳しく研究された本として読む価値はありそうです。
ここでの社会というのはほぼ男色を通じてのもの。
昔は男尊女卑の傾向で男色は特別のものでなく正常に行われていた、ようです。
だったらもっと本などでは普通に扱われてもいいような感じですが、近代でも今になって少し市民権を得てきたものですから難しいのでしょう。
しかし、当時でも恋愛感情でどこまで男色があったのかは判りません。男としての嗜みなのでしょうか。

とくに深く知りたいとか、研究したいとうほどじゃないので買うのは考えます。
というのも頼忠はホモじゃないと思っているのです。
周りの男たちが黙っていないだけで頼忠には意識がないのですから。
好きになった相手がたまたま翡翠だっただけです。それに男×男が当時普通に考えられてたなら、頼忠もそれに対して意識はしていないでしょう。普通なんですよ、フツウ。

史実が本当ならそれは現実です。
今でもその傾向が続いていたら、周りを見て笑ってしまうかへこみます。
やおい・BLだからこそ夢を見られし、美男子の頼忠だからこそお話しになる。
美男子でもそうじゃなくても現実はキビシくて、数あるその手の映画を観ても、帰りは暗い気持ちになってました。
事実を知らんで応用するのも説得力はありませんが、やおいに説得されてもなー。

しかし、男色に関係なく本のタイトルは気になります。それに本棚に並べても恥ずかしくないのがいいのと、そんな風俗の社会を覗いてみたい。ああ、『院政』が引っ張るよ。
ユーズドで金額に万がつくのもイワクありソ・・・、Amazonで新品より中古の方が高い。



別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
参見、軍師
2007-06-10 Sun 11:24
来週ですね、大河ドラマのGacktさん。
ちょっとお耽美な感じが浮いている、と思うのは自分だけじゃなさそうです。
細かいこと言わずただただ楽しんで観ましょう。
かけ引きや戦術の面白さが、休日の終わりぐったりしている自分には緊張感があるのです。

『風林火山』は孫子の兵法の教えですが、少し前に観た『墨攻』にも通じてました。
勘助のいくつかの作戦と、『墨攻』のアンディ・ラウが使った作戦とが同じで驚いてました。冗談でどっちがパクリか?と笑ってましたが、あれも孫子だったのでしょうね。

孫子の兵法はすでに平安時代にも使われていたというから、日本でも古くから伝わっていたのですね。
こういう教えも未来はフィールドの違いで使われ方が変化するのか、骨董になるのか。戦がなく不要のものになれば理想ですけど。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
金曜はカリブの海賊でした
2007-06-09 Sat 23:56
観て来ました。
昨日新宿で伊予の海賊ならぬ『パイレーツ オブ カリビアン』。
ストーンズのキースを拝みました。ギター弾く手を見ると天下のギタリストの指をしてます。ゴツイです。
キースとジャック・スパロウは本当の親子みたいで、これを見るだけでも価値があった。
しかし、なんとなく無駄なアジアンテイスト。

さて『300』はB級と罵られても観に行くぞ。
時代考証なんかくそくらえな、スパルタンは赤いマントにパンツだけ。
こちらも元はコミックなので難しいことは言わないで観ること。

台湾では今年も霹靂の投票の時期となり、なんとか非凡公子も後援会に居残れそうです。秋には台北でオフやろうかと言ってるし、なんとか休みをとって行きたいな。ここ一年、マイレージが増えません。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
毛があるか、ないかで
2007-06-07 Thu 23:00
ちょっと必要に迫られて資料を検索してます。

おそらく遙か2の時代は白河院が院政をとっている時期ですね。
さて、院はこの頃出家されているのだろうか。
帝・上皇・法皇と出世魚みたいですが、上皇が出家されて法皇になる時期と遙か2の関係があまり良く判りません。

院政を執る1086年から法皇となる1096年の間に北面の武士が置かれたと思うと、まだ剃髪はしていないなさそうです。院が政治の主権を握っていたことも合わせて、本当に隠居したわけではないでしょう。
上皇を院と呼ぶあたりでまだハゲにはなっていないと推測するしかないらしい。
法皇になってからは仏教の方へ関心がいったようですし。

しかし、『白河院』でイメージ検索すると坊さんの白河法皇で出てきます。確か某TV局のドラマで後白河法皇は出家姿でしたのでそれは納得できます。白河上皇の肖像画はないのかもしれませんね。
ここまで来ると本が頼りですが、どれを読んだらいいのかサッパリ。近くに図書館があれば助かります。

出来れば史実を踏まえて絵は描きたいのですが、頼久も頼忠も元服しているわりには前髪ボーイですね。
棟梁や院に『おまえは可愛いから元服しても前髪は落とすな』と言いつけられているに違いない。
けっこう年配者はショタだったり。。。

わりと便利な本を右下の欄に紹介しました。
こまかいところまで装束や物を具体的に解りやすく紹介しています。源氏物語にこだわり過ぎていず内容が広いです。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お誕生日用友雅さん更新しました
2007-06-05 Tue 23:11
サイトに誕生日を目前にした友雅さんをアップしました。
面白くもない、単なるポートレートになってます。でもお祝いとしては王道のスタイルだと思うことにします。
描いては放置し、しばらくして読み込む度に見るとなんかヘン!と描き直す。
そのうち目がおかしくなって友雅さんだか何だかワケがわからなくなってました。キリがないので更新します。
人物では画像が大きい場合、あまり見過ぎると客観的に見られなくなるんですね。あっちを向いても、こっちを見ても友雅さんの残像だらけ。

晴れた日の下を行く表に対して、傍らで衣無しを描くもの不思議な感じです。こちらは衣で誤魔化せないので神経使うんですよ。
コミスタだと3Dのモデル人形を配布しているので、それをベースにするとデッサンの狂いが少ないのです。しかし、我がパソがブンブン音を出してむずかるのでなかなか使えない。
メモリ増やすより買い替えの時期だわ。まったく一生物って死語になりつつあると思います。
友雅さんと翡翠さんにとって頼ズは一生物だけどねー。

別窓 | サイト更新 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
通知が来て慌ててます
2007-06-04 Mon 22:54
今日夏のコミックマーケットの通知が来ました。
今回は確実に落ちると思っていたのですが参加出来る事になりました。
マジ、原稿急がなきゃ。
冬は寒くてゴメンナサイし、夏だけ申し込みする我がままな奴ですが感謝です。
スペースはあらためてご案内申し上げます。
マイナーな翡頼でとったスペースなので遙かの隅のようです。寂しいウサギは『2も不滅だ!』と叫んでますのでよろしくお願いします。

今回原稿が進まないのは気が乗らないのではなく、いかにして頼忠の美貌を描こうかでのろのろしてます。
サイトも頼忠に限らないのですが、美しさを出したいと最近とくに悩んでます。
考えすぎて出来上がりは、いつもカッコつけたがりの恥ずかしいものになってしまうものばかりですね。我ながらクサイ演技を見ているようだわ。
時には自分の個性が出すぎてキャラらしさがなくなりがっかりします。うまく似せて描けるのも才能だと思います。
または自分の個性をうまく被せて、思いつかない遙かが作れれば楽しさは増えますね。
そんなこんなでも影で応援してくれる方がいると、これでもいいのかなとほっとしてます。
何よりも裏表共にキャラが喜んでくれるように描きたい。それは永遠に追い求めるテーマ。とかなんとか言ってまた締めがカッコつけてますかね。みゃう
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パリと京
2007-06-01 Fri 23:36
少し前のテレビでベルサイユ宮殿のはトイレがないと聞きました。
それでここの日記にフランス映画「パヒューム」の話から中世のパリは臭かったと書いたのを思い出しました。トイレというものが存在せず、ベルサイユのあちこちで排泄の跡が残ってたというのは事実です。
女性のドレスがバルーン型なのもいつでもどこでも用を足せる為なのです。お庭でも廊下でも好きな所で。

平安の京もパリと同様ですね。

なんてこんな事を個人的記念日になんで書くのだろう!
あの方のにほいを思い出して消さなければ。
バイか。いえ、梅香。

拍手のレスボードをサイトのインフォメーションからアクセス出来るようにしてるので、あえてメッセージ無しの方にはお礼を書いておりません。
サイトへのアクセスも多いとは言えませんし、拍手のメッセージも本当に少ないのです。でもそのわりには拍手が多いのが不思議です。嘘か見栄か、証拠をお見せできませんが感謝せずにはいられません。
黙っているのも心苦しいのでここでお礼申し上げます。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| †GLAMFORCE† 万華狂BLOG |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。