なんだろうこの胸のときめきは・・・・年中夢中
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
やおいを超えたマニア向けに
2007-07-30 Mon 23:51
まったく遙かは次のゲームの予告がウンともスンともないので、放置状態のPSが動かなくなるんじゃないかと気になります。この間PSPのアップデートでうっかり2のデータを削除してしまいました。PSでやれば大画面で迫力はあるのですが、今更あのゲームをやるのはかったるいですね。もっとストーリー性のある2を希望。

今はゲームをやる時間はないので気軽にパソコンで出来るもので思い出したのが「炎多留」でした~。
ほたると読みます。
数年前みつけてもやる気力がなくそのまま忘れておりましたがまだあったのですね。それにしても3まで出ている。人物もだいぶかっこいいお兄ちゃんが出てきてまずまずのようです。
Windows Me/XPでも出来るようですがMACには対応していませんでした。
やおい好きでさらに物好きな方ならやってみる価値はありそうです。自分の場合”物好き”がちょっと足りませんな。

↓のっけからエロいわけではないのでいちおうリンクしておきますがマニア向け。
炎多留

とうとう紹介しちゃった。


スポンサーサイト
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やさしき歌に暑さをしのぎ
2007-07-29 Sun 21:28
母から届いた郵便は扇子が入っておりました。
茶扇と普通の扇子です。

20070729senzu-mai.jpg 20070729sensu.jpg


茶扇には「舞」。
扇子には「春は花 夏本とゝぎ須(ほととぎす) 秋は月 冬雪さえて すゞしかりけ利」

早速お礼を言ってからしばらく西行の歌の話で長電話になりました。
西行は「山家集」という歌集を作っており、桜を詠んだ歌が当時では珍しくたくさんあります。珍しいというのは平安時代はまだ桜より梅が好まれていて歌も多いということです。中国では梅を好むのでその影響もあったのでしょうか。
扇子は夏だけのもの決めないで冬にもアクセサリーとして使いたいですね。オホホと口元を隠すわけではありませんが。
西行の桜の歌ですきなものがあったら冬用の扇子を作ってあげると母に言われ喜ぶと、あなたよりママが選んだ方が間違いないわね、だと。
おおそうだ!ついでにこの2つを書いた扇子も作ってもらおう。
青龍召還の「東天を守りし~」と白虎召還「西天を守りし~」で季節問わずだ。

じつははじめ「舞」が読めず「鼎(かなえ)」かなと思いました。
徒然草の仁和寺で法師たちが稚児のお別れ会をする時に出てくる鼎です。無意識にこんなところに出てしまうんですね、普段の思考が。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あんじぇ~、O-12です
2007-07-28 Sat 22:21
「アンジェ雅」からイベントの詳細が来ました。
9月23日(日)スペースはO-12です。その他詳しいことは8月にお知らせします。
ネオロマ限定だと頼忠ネタも少しはありそうで嬉しい。
周りに同類がいるという久々の安心感だ。

しかし間に合うのだろうか。運が良くて前後編にし、後編は来年の遙か801で出すことになりそうです。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
辞書の夢枕
2007-07-27 Fri 22:21
辞典や辞書というものがわりと好きで身近に置いて暇な時に読んでいます。
有識の辞書の中から「院司」について。
院司とは天皇・上皇・女院に仕えて院中の諸事をつかさどる職員。
平安・鎌倉時代には性格・機能に分けると20種類にも及ぶ。
要するに1.事務処理や政務補佐、2身の回りの世話等、3守護等で、地位や官位の有る無しに関わらず職員は個人的に接しているようです。守護の中には北面武士も入ります。多くは1と2に限って院司としていたようですが、それでも北面武士の親密度は高いのですね。
Wikipediaに出ている頼忠の紹介を読むと北面武士と書いてありますが、ゲームで頼忠は棟梁を通して院にお仕えしていると言ってます。コーエーさんはそこまで設定はしていないようですが。

「北面武士」の項目を読むと出てましたよ。(頼忠のことじゃありません)
「白河上皇の寵童で有名な藤原盛重や佐藤義清(西行)も北面武士だった」とムフな箇所が。早速そこをネットで検索してみるとこれは有名なようですね。あるサイトでは寵童では憚るのか寵臣になってました。

藤原盛重は馴染みがありませんがなかなかの美青年のようです。
小説「宿神」には18歳の義清は綺麗な顔で礼節のある清々しい、もちろん文武共に有能な武士です。それだけに豊かで敏感な感情から出家したのでしょう。叶わぬ恋から出家したという説もあります。
頼忠があのままでいたら最後は出家しそうなくらい儚い男になっていたかもしれない、と何気に思ってしまいました。あまりに大きい自己犠牲的精神は武士でいることの強さと罪の意識ではどちらが頼忠の心に広がっていくかですね。
罪の中には昔の事の他に、多くの男たちを惑わし自分も飲み込まれていく弱さ。
我慢強いだけにもろさも人一倍です。翡翠が頼忠を俗世から離さないお陰で遙か2は解散しないですみました。

別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
同じ棟梁でも宮大工
2007-07-26 Thu 00:06
棟梁という言葉に一番最初思ったのは宮大工の棟梁で、武士団のボスを棟梁と言うのを知ったのは遙かでした。自分がよく知っているのはもちろん武士団ではなく大工の棟梁。

今の会社に入る前某お寺の再建の関係で奈良に一年ほどいました。もちろんたいした事はやってません。去年雅楽のコンサートが行われた時に是非行きたかったお寺です。
今は亡き法隆寺の宮大工の棟梁が当時の建築についていろいろ教えてくれ、今思うと現実からタイムスリップしていたような日々でしたね。棟梁が再現し、実際に使っている大工道具や何千年も耐えられるという木材の扱い方は忘れられません。

大工道具で面白いのは槍がんなと言い、鋤と槍を合わせたようなもので木を削り地肌を滑らかにします。よくお寺等の柱の表面に丸みのある削った痕が分かるのがそれです。
使われた木材は直径2メートルはある丸太で、日本では採れ為台湾から持ってきます。何年も寝かせて放置して自然の形のまま必要な大きさにして使うのです。無理のない繊維が一番丈夫。このお寺の再建が施工されるよりずーっと前から計画に入っていたのです。

二対の塔のうち当時のまま現存している塔の屋根と再建した塔の屋根の傾斜が全く違います。色も形も違っておかしいんじゃない、という状態。
古いものは組み方がだんだん下がって最後に落ち着いた傾斜で強度も増して壊れにくくなる。新しい塔の屋根はこれから何百年もかけて下がって来るのを見越して少し上に反っているのです。数千年後二対の塔は同じ形になっているでしょう。
屋根の下の四角い拍子木を垂木といい、そういうことを計算されて屋根を支えてます。塔の下から全体の重量を分散させる為いろいろな部材が井桁に組まれるにも釘は使ってません。解体された木材にいたずら書きの漫画絵がリアルでした。今では時々自分も現場に出るとやってます。こっそりと鉄骨に。

新しい塔と回廊等の建物の色は中国的な派手なものですが、当時の人たちはそこに曼荼羅もしくは極楽を象徴させているので当然です。寺院や宮殿はもともとは派手なもので、色褪せたものしか知らない今では信じられませんね。
後に書院造りや茶室のように渋いものが出てきたのが日本独自の文化で馴染みやすい落ち着いた色になってます。

まだめちゃくちゃ若かったのでバイクで奈良の奥や京都まで散策したことはいい経験でした。
山の中でエンジンがストップした時はどうなるかと思ったけど、しばらくして回復したのでこうして生き残ってます。
残念なのは奈良に近い河内に行ってないことかな。河内源氏の足跡をたどっておきたかっった。
奈良を去る時、お寺の偉いお坊さんたちが送別会を開いてくれたのも最高に楽しい思い出になりました。若い女の子には優しい。
大和から代々続く法隆寺宮大工の棟梁は亡くなられても本やTV放映されて興味は薄れません。記念にいただいた色紙の隅に小さくに米の虫と書いてあります。いつまで経っても小さい俗な自分でしかないということですって。頑丈で大きな人だったのですよ。

遙かの時代は大和の後になりますが、あの一年の資料や情報は遙かを思い起こすのにいい資料になってます。それが生かされていないだけ。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2ヶ月しかないんです
2007-07-23 Mon 22:28
地雷踏んでます。あと2ヶ月しか準備期間のないアンジェ雅です。
今日からアンジェの原稿に取りかかり始めて、まだ線を数本描いただけ。
白紙に戻って話を作る時間もなく夏コミの続編というものになりそうです。
また遙か2翡頼でGO(死語?)。
そしてカテゴリとしてマイナーな為きっとスペースも隅の方と予測してます。

男らしく大量に買い込んだ用紙がまだ900枚は残っているので3回は本を作れそうかな。
イベントに出る出ないは別として、実体で翡頼を残しておきたい。

別窓 | 愛と夢日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
口紅なんて僕はいやだー、と言いたかった
2007-07-22 Sun 22:17
夏の準備が終わって『頼忠の懺悔』をひとまず更新しました。
よくも飽きずにやると思われても病気ですから。ええ、たしかに変わり映えのしないイラストばかりです。
やはり極上の頼忠には日本一のおっさんに可愛がってもらいたい。究極の攻め相手にいづれは翡翠の逆襲を壮大なロマンとスケールで・・・、はハードルが高すぎますね。もちっと低めにして翡翠の壮快な笑い声を目標に、日々妄想を鍛えております。


某TV局のドラマでやっぱり謙信殿が藤原王子の再来のように見えてしまうのですが。髪形のせいか、細い眉のせいなのか。
別窓 | サイト更新 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
たまには毒を出さないとネ
2007-07-22 Sun 01:21
視力が悪くて時々メガネをかけてます。0.4前後ですが遠くも近くも見えないし、中間も見えない。朝晩と気候でも視力は左右されます。自分の焦点距離はどこにあるのか分からない。
ハードコンタクトをしていたのですが、ゴミが目に入った時の痛さにもう我慢出来なくて、やっと今日ソフトレンズを買いました。
ソフトって楽ですが取り外しが慣れなくて入れるのに30分はかかり、取るのに20分かかってます。
しかしハードレンズで埃が目に入って電車の中で突然涙がボロボロ出る恥ずかしさから開放されるというのは魅力的です。風の日はレンズは付けなれないし、埃のない所でも突然入ります。目を刺されるような拷問ですよ。なんだか小学生の日記のようだな。

ちょっと余裕が出て『頼忠の懺悔』を今日の午後あたり更新できそうな気配が。(今は22日の午前1時過ぎ)
耳に盲腸が出来るくらい美の連発でゲイがあるのですがありません。

以下グチです。
どこを見ても遙かは3が例の噂があるほどガンガン突っ走っているし、1は映画で多少は新しい友雅さんや頼忠のイラストを見ることが出来た。コミックも連載中で今や自分にとって1は遙かのオアシスですよ。
悲しいかな2は新しいものがないっ。CDジャケはイマイチで最新の正しい翡頼が見たい。やっぱり原因が致命的なのでしょうか。
時々こうしてほざかないと溜まるんです。ちっとはせーせーさせてくださえ。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
武士美人草
2007-07-19 Thu 22:25
紅を弥生に包む昼酣(たけなわ)なるに、春を抽(ぬき)んずる紫の濃き一点を、天地(あめつち)の眠れる中に、鮮やかに滴らしたるが如き男である。
夢の世を夢よりも艶(あざ)やかに眺めしむる黒髪を、乱るるなと前髪の奥に涼しげな眉がきりりと結ぶ。
静かなる昼の、遠き世に心を奪い去らんとするを、黒き眸のさと動けば、見る人は、あなやと我に帰る。半滴のひろがりに、一瞬の短かきを偸んで、疾風の威(い)を作(な)すは、春にいて春を制する深き眼(まなこ)である。
この瞳を遡って、魔力の境を窮(きわ)むるとき、桃源に骨を白うして、再び塵寰に帰るを得ず。ただの夢ではない。糢糊(もこ)たる夢の大いなるうちに、燦(さん)たる一点の妖星が、死ぬるまで我を見よと、紫色の、眉近く逼(せま)るのである。
男は紫紺の着物を着ている。



夏目漱石の艶かしい出だしの「虞美人草」である。
気が付かれた方もおられるでしょう。原文を変えております。
頼忠バージョンでございます。
著作権などと無粋なことはこの際黙認していただいて、言葉の美しさ魔力と頼忠の魔性が見事に一致した風景を思いおこしてください。

「死ぬまで我を見よ」翡翠はこの他に欲しい言葉などありますまい。
一枚、また一枚と脱ぎ捨てたるごと白梅の香の濃くなるに、血が滾る音さえ聞え、長い豊かな髪さらさらと肩からすべり落つる。


真昼間からですかい。だって翡頼ですから。
漱石様御勘弁!




別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
なってみないと分からない事
2007-07-17 Tue 22:56
昨日の地震で気になる方たちはどうやら無事のようでした。
だからと言って喜ぶ事はできません。災害にあった方たちへせめてお見舞い申し上げます。

動物は自然現象の異変に鋭いと言いますが、うちのニャコは何の変化もなかったです。

半年ほど前の休日の朝、突然電気が止まり何も出来なくなりました。
マンションは殆どが電気で稼動しているのでガス・水道も止まった。
大掛かりな点検工事の末2時間ほどで回復したのですが、その間いつ回復するか分からぬ先の対策にお先真っ暗。
仕方ないのでパソで気を紛らわそうとしてもダメなんですね。
一番困ったのはトイレでした。行けないと思う程行きたくなる。
電気一つで生活出来なくなるなんて、なってみないと分からない経験でした。

別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新刊情報のご案内をアップしました
2007-07-16 Mon 12:41
サイトにコミックマーケット72の出展のお知らせとOFFLINEに新刊情報をアップしました。
わめいても咆えても翡頼を取り扱っているサークルさんは極小数なので、遙かのジャンルでは隅の方だと思います。

大河ドラマの甘利虎泰殿風に言えば、
「本が売れるか売れないの問題ではない。何を守るか、守りたいか。」
ですね~。

前回の翡頼同人誌『毒の香』は25Pでしたが、今回漫画部分だけで40Pあります。気づかぬうちにがんばっていたえるえーぎんちゃん。

さて、これからお友達からお誘いがありお茶しに行ってきます。

別窓 | サイト更新 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
本完成し、連休最後は寝て暮らそ
2007-07-16 Mon 01:37
う~、侮ってました。
一日中プリントアウトしてました。

本は少し前(16日午前12時半)に完成!
プリントアウトに時間がかかりぐったりしてます。
A4のフチなし印刷にすると出力の速度を変えられず、キレイ印刷になってしまうのですよ。本のサイズはA5ですがA4用紙に裏表4ページ分プリントすれば効率がいいのと、タチキリでも絵が端までプリント出来るのは見た目に綺麗です。
今まではA5でプリントしていたので用紙に5ミリくらいの余白が出来、タチキリの絵は白いフチの手前で終わってしまいました。メリットはプリント速度を早めに設定して作業の時間短縮出来る事。
でもお金を出していただいて人様の手元に残ると思うと、労力や時間ではなく仕上がりの良さを優先します。

表紙のカラー印刷は色の安定感からマット紙にこだわってます。
インクジェットの色はかなり発色がいいので、光沢紙だと派手でどぎつくなってしまうのです。ただマット紙の場合汚れやすくビニールカバーが必要。結果的にはビニールの艶でマット感が薄れてしまうのですけどね。
光沢紙にすれば汚れず、ビニールカバー代が浮く。
それでも品の良さからマット紙がいい。

とにかくこれで連休最後の日はのんびりしまーす。

別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
準備万端あとはススメ
2007-07-15 Sun 01:02
ただ今15日の午前1時回ったのですが、日記は14日土曜のものと思ってください。

台風でどっと雨が降ってます。関東は明日がピークのようで、勤め人にとって休日であったことにほっとしております。
三連休に行楽の予定のある人は災難ですがくれぐれも事故のないように。各地の台風災害も気になります。

とにかく自分は製本完成祈願の休日です。
コミック部分はすでに冊数分をプリントするのみとなりました。
明日は表紙と裏表紙のプリントチェックをして、仕上げが終わればいよいよ製本に向けてプリントアウトし製本します。
グータラと昼間寝なければ(全てコレ次第)1日で終わるでしょう。

連休中にコミケと本の通販含めてのご案内もアップする予定です。
印刷所では出せない繊細な絵になっているとは思います。ベタな翡頼にはこういう雰囲気が合うみたい。モザイク初めて使いました。
しかし所謂漫画らしさには欠けるかも。またコミックの構成は恥ずかしくて言えません。
時間があればコミスタで描いてプリントし、手書きで加筆や修正して印刷すれば手の込んだ物が出来るのですが夢ですね。一年くらい夏休みがあればの夢です。

さて製本を上げればゆっくり出来ると思うのは大間違いで、気がつけば『アンジェ雅』が確か9月だったような。おい!遊んでいるバヤイじゃないっ。
WEBに上げる予定のコミックをこちらに回すか~。まだ1ページ途中です。しかもコミスタとアップグレードしたフォトショの操作がイマイチ掴めず考えながら進行中。

ゴハン食べるのも面倒でつい寝てしまう癖を直して、明日が終わったら『アンジェ雅』にダッシュします。


別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新宿で白河さんに会ったカンジ~
2007-07-11 Wed 23:12
打ち合わせで新宿に行き、あまりの蒸し暑さにびっくり。
道路に立っているとベタベタの汗がじんわり浮かんできます。
横浜は海の目の前なので東京ほど都市熱が溜まりません。
東京でも東京湾に近い地域は、海からの風の道を作る都市計画に入っているので銀座・丸の内は今より夏の気温が下がる予定です。

せっかく新宿に来たので打ち合わせが終わってから書店巡り。
紀ノ国屋書店の地下の予備校時代にお世話になったカウンターのお店でお昼を食べて本を見て回る。
Amazonで見かける平安時代の本がけっこうありました。
さっそく中身を拝見。

本の中の『平安時代のジェンダー』という項目に、平安時代は男性でも女性性を持っていたというのに目が行く。もちろん女性でも男性性を持つのことが普通だった。
性は生物学的なものではなく、文学的要素が強かったのです。
文や書を書く場合、男でも女文字を使うなどがそうです。仮名ですね。
本能的性欲は別としても男性社会のこの頃にこういう自由な感覚があったのが面白い。

今、性教育で男女平等説からジェンダーに対して寛容な教育をしている方も増えてきたようです。それなのにジェンダーを認めたら今までの理論や道徳を覆すことになると反対派もいます。双方言ってることは分かりますが事務的に考えるか文化として考えるか同じ土俵では永遠に解決しないだろうな。

話は飛びましたが『武士団と村落』『武士の住居』など気になる本はどっさり。しかし、厚い本に欲しいページはほんの数ページ。
ざっと目を通し頭に叩き込んで何も買わず帰る。
院政に関する本が集まっているのを見て、すっかり白河院などにも親しみを感じてしまいました。
なんかオトモダチ気分~。頼忠攻めの話をしたら気が合いそうです。
ついでに、『江戸時代の陰間茶屋』という本が面白かった。



別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
言わせてください
2007-07-09 Mon 22:53
ネオロマオフィシャルで『遙か』の情報は

古いものばかりー。


おーい!

やさぐれてます。
別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
君は凛々しい杜若
2007-07-08 Sun 00:04
サイトの遙かギャラリーに頼久をアップしました。
バストアップなのでコミケに持って行く絵葉書にします。

頼久は一口では言えないタイプだと思うのです。
多分何度もブログに書いていますねー。

やることはかなり大雑把で男らしくぶっきらぼうなのですが、ナイーブで傷つきやすい。弟のせいか甘えん坊な面がチラホラ見えます。綺麗なお顔に色気はあるのですが、男の可愛らしさで明るいエロになってしまいます。
いつも頼久の性格を考えても矛盾だらけ。それなのにちゃんとキャラが立っているのは、武士という立場と誇りを守っているからなのでしょうね。ゲームでの頼久より、アニメや映画での挑戦的な頼久が特に好きなんです。
どちらにせよ、何らかのタイプに当てはまらない玉虫色の頼久を友雅は面白いと思っているようです。

「君を見ていても飽きないねえ」
「ソ・・・、ですか」←コレがいけない。

別窓 | サイト更新 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
通勤ラッシュ、あったかもしれない
2007-07-07 Sat 00:08
先日注文した『官職要解』が届きました。
大宝律令から中央政権制が確立された平安時代の官僚機構は官職だらけ。あれだけの人員が御所で働いていたのを知ると、まるで都中の人たちがなんらかの役を兼任して思えるほどの種類です。
北面(の武士)は上北面と下北面とあり、下から上に昇格していったようです。後嵯峨院のころで上12人、下20人とありました。
頼忠が棟梁は直接院に仕えていると言っているところから、棟梁が北面の武士であったのは間違いなさそう。

西行法師が出家する前北面にいた頃、恐れ多いながらも院と話す場面が小説にはあります。多分上北面で官位を持っているエリートだからでしょう。少なくとも見目麗しい武士と誉れ高ければ院も放ってはおけない。
北に対して西面は院の警護の他盗賊などの取り締まりもしていたようです。

当時日本各地から平安京までの日数の内、頼忠の故郷河内は上り下りとも1日。京で仕える武士は都から1日以内の所に住んでいた。源氏・平氏共に出所は確かに都に近いですね。

しかし~、いくら遙かネタにと情報を広げてしまいましたが、いろいろ知っても何を活用するのかと思うと『さぁ~?』です。それでも何かいいアイディアやヒントが見つかるかもしれない。

さて、待望の『冬の蝉』最終巻ですがまだ三巻共見ていません。
最後の『東京悲話』の秋月さんの遺書を開いて見ました。
筆書きの筆跡が女文字ですよー。もちっと男らしい字にして欲しかった。納得の行くものにしたくて数ヶ月も発売が延びてしまったというあの場面を早く見たい。
とにかく落ち付くまで我慢してゆっくり見ます。


別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
近所にお世話になってます
2007-07-05 Thu 00:25
アマゾンで本を注文しました。
ちょっと参考に読んでみたいという程度なのでユーズドにしてケチる。
1418円の文庫本が400円です。注文確認のメールが来て住所を見たら会社の近くの本屋さんでした。行けば送料掛からなかったにゃ。

その前にネットでDVDを買った時はその会社とうちの会社の住所が同じでびっくり。フロアが違うだけ。

買った本はコレ↓



主に平安時代の官職の説明とそれに関連する日記や物語・和歌で具体的に実体を紹介しているといような内容です。
コミックやお話しを創っていると脇役の人物像に役立ちそうです。例えば今で言う警官はどのような役職の人が相当するのか調べられそうです。



こちらも上下巻ありなかなか興味あります。
平安時代の儀式や年中行事など風俗が分かります。ただ有職という言葉から貴族が主体なのかもしれません。

でもこんなことしていたらきりがないですね。
これも一体何の為?君の為。


頼忠の家は荘園を全体を取り仕切っているようですが、父上は棟梁に特に信頼されている部下だったのかもしれませんね。
棟梁が元貴族だとしたら頼忠の家もやはり貴族の出なのだろう。位は低くても。


別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
武士の嫁入り
2007-07-02 Mon 23:35
花も恥らう美少年、凍れる瞳に一歩退く。
触れればこの身が石になろうか。

さて、頼忠の育った河内の国。
河内源氏は清和源氏の系統だったのが分かりました。いままで何故か村上源氏だと思っていたのは大きな間違いだった。
武士はもともと皇族から出たものといいますが、たしかに清和や村上が証明しています。もちろん平氏も。
お馴染みのWikipediaでは清和源氏の河内源氏が一般的な武士を指すようです。

頼忠は京での務めが終わったら河内へ帰ると言います。
実家は荘園に住み、帰れば弟や従兄弟と団結して暮らす。
頼忠の京での武士団の仕事はあちこちに散らばっている武士との連絡役。棟梁から与えられたその任務が終わったら河内の荘園に帰り、その任務も兼ねて荘園を守る。

武士とは元は農民で、簡単に言えば土地を守る為武器を持ち力をつけたのが始まり。土地と家を守る為一族の繋がりは深く親兄弟親戚は助け合う。
なるほど頼忠が弟や従兄弟と仲がいいわけが分かります。
では皇族の出という武士とどう関係するのか。ここで眩暈がしてきました。この矛盾をどーする。

どうやら国司が受領として出向いた土地に残り、リーダーとなり武士団を組むようになった。それが棟梁の始まりのようです。
本当にざっと省略して書きましたがマジで書いていたら一つサイトが出来ちゃいます。

頼忠から兄や姉の話は出てませんね。
長男でしょうか、長男と嫡男は違うのでこのまま頼忠が京に残れるのは嫡男でないことを望みます。
いや、翡翠なら縛っても掻っ攫っていきます。

頼久は兄の後を継いで嫡男です。果たして友雅さんはどういう手を使って頼久をゲットしたのだろうか。
貴族自らが頭を下げてお嫁に下さいとシラフで言えるのも友雅さんらしいかもしれません。堂々と正面切って押し倒す。
友雅・翡翠におとっつあんは抵抗できませんて。



別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お試しプリントしゅーりょー
2007-07-02 Mon 00:00
昨日出勤したせいで休みが1日だと疲れがとれない。
それでも本の試しプリントまでこぎつけました。一通り目を通して修正しております。

画面で見るよりプリントアウトしたものがキレイだったので描きなおしが少なくてすみました。多少のデッサンのくるいは見て見ぬふり。
コミックだけで40ページです。これに表紙やらあとがきを含めると45ページくらいになりそう。

これからはオフの活動を控えめにし、本を出すとしても20ページ以内に止めるつもりなので大作は最後になるかもしれません。
あったとしても前後に分ける予定です。
キッパリ活動をやめてWEBに専念しようかとも思いましたが、イベントで翡頼が消えてしまいそうでやめられそうもないですね。
本が売れる売れない、出す出さないの問題じゃない。なんか~、意地とか。

本はA5サイズなんですが、実際パソコンで描く原稿を3倍にしてます。それでも線ははっきり出ます。
1ページをA4にすると多少ぼやけるのでA5が限度ですね。
それに原稿をA4にすると動作がかなり遅くてイライラし、保存をまめにしないとパソが気絶してしまう。
どんなに調子のいいパソコンでも2年半経つとお疲れのようです。落ち着いたらデフラグや中身を整理してみます。

先日新しいパソでコミスタを使った時はA4でも快調でした。
2年も眠らせていたコミスタがやっと使えそう。

サイト更新も途中まで頼久が出来てます。
あまり手の込んでいない絵なのでがっかりするでしょうが時間の合間にやってます。拍手だけでもいただいてしまうと更新を止めたくありませんからね。

「風林火山」のGacktが藤原のプリンスに見えてしょうがないんです。
しかしなんですね、鎧に纏ったあの布は! 花の慶次と同類だったのですか。

別窓 | 愛と夢日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| †GLAMFORCE† 万華狂BLOG |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。