なんだろうこの胸のときめきは・・・・年中夢中
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
和洋中の雄花たち
2009-05-25 Mon 23:15
時代劇好きなので大河ドラマは必ず見るのだけど、昨日の「天地人」はちょっとお得でしたね。
石田三成役の小栗旬さんの子供時代の回想が、小栗旬さんの本当の子役の映像だったんですって。
以前の大河ドラマ「秀吉」で、同じく石田三成の子供時代を演じた時の映像を使ったそうです。
「天地人」の子役はてっきりCG処理で似せたのだと思ってたのに本物だったとはね。
詳しくはNHKのホームペ-ジでどうぞ。

しかしどうにもこうにもゲームのキャラの戦国武将と被ってしまい胸中複雑です。
ゲームの方が遥かにウソなのに重心がゲームポジションになっております。真田幸村役が城田さんだというのでソコはちょっとホっとしたり。

BASARAや無双の幸村にマイっており、ただ悲しいかなゲームする暇がないのでサイトで扱うにはちょっと無理でしょうね。
んなこと思いつつもまたお気にが増えたのが「真 三國無双 MULTIRAID」の趙雲!
覚醒にすっかり魅了されました。朝出勤時に電車で、koeiさんの「真 三國無双 MULTIRAID」CFが流れる度仕事やる気なくなってしまうのはいけません。現でもまれる気分じゃなくなる。
趙雲の武器は槍で、その名も竜胆(気になりますね、この名)。槍はステップアップして竜胆、竜眼、竜爪、豪竜胆と名を変える。
だけどどんなにいいキャラがいてもそれを盛り上げる相手がいないと眺めるだけなのがさびしいです。やっぱり起爆剤(♂)がないと話にならないよ。ただくっつけばいいってものでもなくて、設定に無理ない方が妄想できる。
あーあ、掘り下げなきゃならないことがいっぱいあるなー。

しかしね、自分のPSPは1000なのでゲームをするにはちょっとキツイんですよ。FFCCからアップデートはしてても能力的に2000並みは無理です。
スポンサーサイト
別窓 | 愛と夢日記 | top↑
後は荷造りするだけ
2009-05-17 Sun 22:57
今日一日突風がすごかったですね。
金曜は仕事が終わって出掛けて、帰宅してから夜中に原稿をプリントアウトしました。土曜にヘロヘロになって学校へ行き、帰ってからプリントと製本作業。翡頼と風柊の2種類です。そんなわけで今日は外出しないですみました。こんなにひどい風ではの怖くて出られないよ。平日でなくてよかった。

コミスタで描きながら印刷に回さないのは勿体無いんですが、こんなぎりぎりでも間に合うのか調査してなくって自作です。もっと日程に余裕があったら印刷したいと思うんですけどね。
でも製本作業はけっこう面白くてその楽しみがなくなるのもさびしいかな。

コミスタの二階調の線に今回はさらに慣れました。前回の翡頼はバージョン3だったのですが、今回4になったのとタブレットを新調した為なのか。
二階調のガタガタの線が印刷されると意外とキレイでやはり印刷に回したくなります。印刷所の良い点は表紙に黒背景とかベタが使える。インクジェットではインク代が泣き所です。しかしそれでもプリントはキレイに仕上がってます。
コミスタはWindowsに入れていてフォトショからプリントすると一枚の出力時間が遅い。なので試しにMacに持って行ってフォトショでプリントしたら何故か早いんです。LANで繋がっているプリンタなのだけど時間が違うってどういうこと?

表紙(風早可愛過ぎ)
090517_harukacomic9hyousi.jpg

ページ(ネタバレのならないようテキストは入れてません。風早がよく見えませんでしたね。)
090517_harukacomic9_11p.jpg


土曜の夜はTVで「ダ・ヴィンチ・コード」を見ながら製本をやってました。いいタイミングです。この映画もう何回もDVDで観てて、最後のシーンとバックに流れる音楽が好きでココだけのために観ているようなもの。「最後の晩餐」の謎解きはよく知られている話だけど、こうして映画で見ると信憑性が出て感激してます。ルネサンスの芸術は思春期に影響されてたので歴史と絡まったアイディアがより面白い。いろいろ言われている映画だけど単純に楽しむのが自分の映画の見方。じゃないと疲れて。あまり突っ込まないで騙されて観るのほうが楽。第二弾の「天使と悪魔」もそんな感じで期待してます。

なんとなく自分が萌える言葉って何だろう、と思った時、「古(いにしえ)」って浮かんだ。勿論「美青年」もアリなんですが一般人向けには「いにしえ」。
ただ古いんじゃなくてその音からロマンを感じませんか。もっとも自分の思っているのは現実というより空想感のある昔なので、美的次元に変えてしまってます。実際タイムスリップしたら冗談じゃない!と叫びます。ちょっと語ったかな。もっと語りたいのだけどアホさが出るんで止めときます。だけどばかばかしさを持ってないとコミックなんて描けませんよね。
別窓 | 愛と夢日記 | top↑
新刊決まりました
2009-05-15 Fri 00:16
まさかコミックを描き上げられるとは思ってもみなかったです。
サイトのOFFLINEにて新刊「DRUG MOTION」のご案内を更新しました。

GW中に進む予定だったのが連休最後の日になって突然意欲が湧いてきて原稿は昨日完成しました。後半衣服を描かないですんだのが進行を早めたお陰です。そこらへんはいつものお約束のシーン。お話しはかなり急ぎ足の内容だけど、コミックを描くことで風早と柊に付き合えて楽しかった。中断した時はこのまま気持ちが消滅するんじゃないかと思ったのですよ。

しかし不思議ですね。降って湧いたようにモチベーションが上がって自分でびっくり。BLIND GUARDIANを聴きながらガンガンやりました。何故か懐かしくBONJOBIも。
これからはプリントと製本に入ります。ほとんど材料は揃っているのでインクだけ少し買えばいい。プリンタやパソコンのトラブルがない限りイベントは参加けってー。あんど、あんど、安堵ぉ。

それと在庫切れになって増刷できなかった最新の翡頼本も増刷します。問い合わせしてくださった方々にご迷惑おかけしました。メールいただいた分は別途容易します。今回は少し多めに用意しなきゃね。そんなに欲しい人などいないと思い、数を控えていたのだけど、こうしてぼちぼち巣立っていく本を思うと描いてよかったと嬉しくなる。

これからの本作りの工程で肉体労働をしながら、いよいよ夏コミ用の案も考えなきゃならないのです。ある程度ストックは持ってますが具体的にしていくには、中から選んで整理していかないとね。候補としては友頼・翡頼・風柊のオムニバスもいいなと思っとるのです。しかし、8月中頃まででは内容が乏しいものになりそ。これは冬篭りの予定にした方が安全かも。

「君がため…4」遙かなる時空の中で全シリーズオンリーイベント
開催日時 2009年5月31日(日)11:00~15:00
会場 都立産業貿易センター台東館6階

GLAMFORCE
スペース:  「 は20」です


別窓 | サイト更新 | top↑
先が見えてきた
2009-05-10 Sun 01:52
今日、ああ、もう昨日なんですね。
学校の最終課題のチェックがあり提出日には間に合わない状態だったんだけど、中途半端にするよりは納得いくまでやったほうがいいと先生に言われてほっとしました。このスクールは厳しくて入学時から脱落者が数名出るというのは本当でした。卒業課題を完成できる人は残ったうち何人になるのだろう。今のところ間に合わなさそうなのがほとんどでした。前期の卒業生がまだ在学中に、押し迫って学校に泊り込みしてたのも納得。

そんなわけで気が楽になり、なんとか風柊をあと1ページ半までこぎつけました。最初のページが途中なのでその分と表紙も残っているのですが、もしかして31日のオンリーに参加出来そう!
自分としてはかなり冒険の翡頼以外のコミックなのでなんとかしたいです。
間に合う間に合わないの確立がいきなり逆転し、ただ今間に合うが70%まで達成と言う感じ。ホッだよ。
別窓 | 愛と夢日記 | top↑
アートな日
2009-05-08 Fri 13:27
GW後半からお天気が悪くて家でブラブラするのにはちょうど良かった。予定としては前半に外出し、後半はパソコンでの作業を一気に進ませる、はずだった・・・・。しかし一日家にいると脳まで休んでしまうのか1時間パソに向かってはベッドが恋しくなるの繰り返し。3項目の作業全部予定に満たなかった。。。。。。。。。。。。
不思議なもので緊張したのか最終日になってヤル気が出たり。風柊のコミックを真剣に取り組んでます。今月31日のイベントに間に合う30%、間に合わない70%が本日までの確立ですよ。他にも締切が迫っているのがあるっちゅうのに。対策はなんとか有給休暇を取れるようにする!絶対にスル!

GWに山種美術館と大倉集古館へ行ってきました。皇居を挟んで両美術館は建っており、連休で人の少ない都内をぶらりと散歩できました。天気も良くて気持ちがいいのか、あの周辺の育ちの良いビジネス街という印象がしますね。

まず半蔵門線の半蔵門で降りて山種美術館まで徒歩10分。途中の公園でコレを見つけてパチリ。

090503_131353.jpg

柊!うほっ。
知らなかったよ。柊の花は今頃咲くなんてネ。クリスマスの花じゃなかったわ。
そして山種美術館は、秋に美術館移転で今年が最後の日本画の桜の絵の美術展なのです。

「桜さくらサクラ・2009 ~さようなら、千鳥ヶ淵~」"「桜さくらサクラ・2009 ~さようなら、千鳥ヶ淵~」
5月17日(日)まで開催。

数年前に見たのですが桜に圧巻されあの世に行った気持ちになれます。絵でも確かに霊気を吸われる木でした。
再び千鳥ヶ淵周辺を歩いて今度は虎ノ門の大倉集古館へ。ホテルオークラの敷地の中にあり、今まで何回か来たのに此処に建っていたなんて気付かなかった。ホテルは和風なのですが少しアジアの大陸風な建物です。

090503_144342.jpg

「源氏物語錦織絵巻」が見たかったのです。京都の錦織で絵巻の物語の文字から絵まですべて巻物そっくりに織った作品展なのです。染めた生糸で織られる衣装は艶やかで「着ている」という実感がしました。調度品の蒔絵、建物、樹木も金糸銀糸でつづられて、色が褪せない頃の絵巻そのものではないかと思います。今知っている本物の絵巻のすすけた色が残念です。この山口伊太郎遺作展は6月28日まで開催。

090503_144421.jpg

集古館の外周壁にはこんな絵が貼ってありました。もっと時代が進んで茶の世界の侘び寂色も好きだけど、これが源氏絵巻の色、平安の世の色はきらびやかで気品ありました。











別窓 | 愛と夢日記 | top↑
一年以上経ちましたが
2009-05-06 Wed 00:57
日付が変わってしまったのですが5日付け更新しました。
一年以上動かなかった懺悔部屋で頼忠さん単(ひとえ)で更新。あちらの翡頼ブログも続けたいのだけど少しの時間もなく置きっ放しですね。放置はしたくないので現世の事情により休業ってとこです。
更新したイラストもこの間と同じく、下書きだけでそのままにしていたのを彩色しました。GWのお陰でとりあえず完成。今度はいつ更新できるのか分かりませんが、遙か界隈で低空飛行の翡頼に期待される方もまず少ないと思うので、いや、いるのだろうかとさえ思える。なので、期待に押しつぶされることなくのんびりいきます。

結局GWに予定した他の作業は半分しか進みませんでした。遠出も控えたのに思うようにいかなかった。その中で風柊のコミックは止まっていた原稿を見返してみると思ったよりまともに描けていたのでほっとしてます。
中断している間絶対面白くなくてヘタクソで描きたくなくなってました。4のキャラを描くのに慣れていないので話には重点を置かず、絵に慣れることにしたのですがやはり不安。でも多分許せる範囲にはなってると思う。
だけど問題ありなんです。5月31日には間に合わない!

当選するかわからないのですが最悪夏コミに出せるようにはするつもり。しかしそろそろ同人誌即売会は卒業しなくちゃな、と思うこのごろです。←思うのが遅い!
ダウンロード販売というサイトもあるし本を出す場所には困らない。でも売ることが目的じゃないのでどうすかな。
別窓 | サイト更新 | top↑
白くて大柄で横柄な花
2009-05-02 Sat 23:15
コンテンツのバックグラウンドをやっと変えました。
自分で素材を作るより気に入った素材をみつける楽しさがありますね。
白い花が好きでよく大百合を買ってきます。カラーとか白バラもいい。シロクロはっきりした大胆な形が好きなんだと思う。中でも百合系は白でなくてもいろいろ変えて飾ります。でもやっぱり白い大きな花と緑の葉が目の疲れにも良さそうで、清涼感が気持ちをすっきりさせてくれるのです。

部屋も白くて四隅がすっきり見えるのがいいのですが、ズボラに住んでいるとなかなかそうも行かず。それでもがんばって掃除をするのだけど、仕事で帰ってくると疲れて整理整頓ができません。暇とお金があったら汚れてきたら住み替える、できたらいい。
留守の間にうちのネコ・デージーが掃除してくれたら助かるのに一緒になってチリ飛ばすんだから、も~。

今日も食べた、セブンイレブンのコロッケロールパンとつぶあんパン。しっとりとした軽い塩味のパンとソースの浸みたコロッケに、オトナ甘さのつぶあんが絶妙なバランスで喉を通ります。多少好き嫌いがあるせいでお弁当は食べないからコンビニではパンにこだわってしまいます。その時は栄養、バランス、まったく無視!
別窓 | 愛と夢日記 | top↑
色色色+気=ぞくぞくしちゃう
2009-05-01 Fri 00:07
この間の日曜日に横浜に住んでいるカラーリストのお友達の家に、3人で押しかけていろいろアドバイスをしてもらいました。
カラーリストっていうのはファッションアドバイザー系の仕事でその人に似合う色から始まってトータルに魅力を引き出すサポートをするようです。雑誌に出てきそうなオシャレなお家で美味しいものを食べて、それだけでも心が磨かれるような気分でした。

色は冬・秋・春・夏と分類し、冬がベーシックで純粋な色が多く、黒は冬だけにあります。冬の色から少し黄色がかった色は秋。赤味がかったのが春。青味がかったのが夏の色。同じ赤でも最低その4色から明度や彩度で色数が増えていきます。

何色が似合うかのスタートは瞳です。瞳をよく見ると日本人なら茶色と白の境に青くぼかしたような輪郭線があるかどうか。自分の場合茶色部分も濃くて青い輪郭のぼかしがなくて境目がはっきりしてました。いわゆる黒目勝ち。そういう人は冬の色が似合うそうです。確かに真っ赤や真っ黒や真っ白をよく着る。
それだけじゃなくて肌の色や容貌で最終的に似合う色がみつかりますが、結局自分はまざりっけのない色が似合うことに落ち着いた。ふーん、これまで知らずにちゃんと分かっていたらしい。

青と銀色が好きで似合う色に銀色と言われたときは嬉しかったのだけど、青は自分の場合難しく、着るには微妙なところで着れない青ばかりです。好きと似合うはまた別物。

と言っても他人は自分をじろじろ見るわけでもなく、こだわっても考えすぎにしかならないかも知れないけど、瞬間の理由のない印象を大事にするのも”見えない”おしゃれなんですよね。かっこいい黒のTバック穿いていたって見せるわけじゃないのと同じで心意気ってもんです。

昨日イラストを更新したら久しぶりに2Dの軽快さが甦り、これも溜めてた下書きを着色してます。そうするうちに止まってる絵より翡頼のコミックが描きたくなってきました。今度は少し情事に思いのたけをぶつけたい。


あまり検索サイトに登録をしていないので訪問者が少ないけど、更新するといただく拍手のお陰でモチベーションが上がります。自分が好きなことしかやらないのに見てくださるのは嬉しいですね。ありがとうございます!
別窓 | 愛と夢日記 | top↑
| †GLAMFORCE† 万華狂BLOG |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。