なんだろうこの胸のときめきは・・・・年中夢中
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
聴き惚れ~
2009-10-15 Thu 11:46
かなり発売より遅れて買いました。

<ヴォーカル集>
遙かなる時空の中で4~ 時巡 ( ときめぐり ) の詩~

1,2回聴いた時はなんとなくまとまりのない歌集だと思ったのですが、聴くほどに聴きやすいものになっていきました。
柊の【或るしもべの華麗なる愉悦】は一発目から涙なしでは聴けない素晴らしいものでしたけどね。

意外に気に入ったのが那岐の【ブルーグレーの夜明けに君を】でした。
もう少しフォークロア調を強調すればもっといいかなと思ったけど、これでも充分いい歌です。耳に残って癖になるメロディですね。夜寝ていても頭で歌が回ってます。

風早の【慈愛しさは光の砂時計】はなんとなく期待外れだった。というか好きな分期待し過ぎなんだと思います。井上さんの技量ならもっと・・・、という期待が柔和な風早には過剰なんでしょうね。
でも全然がっかり、じゃないですよ。正直にキビしく思っただけ。

とにかくやっとやっとやっと! 柊(三木さん)の歌が聴けてうれしいんです。これを聴くだけでもこのCDは価値があった。
しかし、遙か3を含め長い間三木さんの歌を聴けなかったせいかどうしても頼ズの感覚が大きくて、
柊を聴いても頼久が歌ってるように思えてならない。

メモリアルブックに書いてありましたが、来年はネオロマの一区切りの年ということで、遙かでも何か考えているようです。
遙か4の完結編でも出るのかな。まだ未消化だものね。

スポンサーサイト
別窓 | 愛と夢日記 | top↑
| †GLAMFORCE† 万華狂BLOG |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。